So-net無料ブログ作成

傷だらけの男だち  [映画]

 

 http://www.drywhisky.com/ 傷だらけの男たち                            なかなか良い映画でした。鑑賞後の復習を兼ねて、今回はストーリを全部追ってみましたので、観る予定の方は、ごめんなさいです~ 香港映画は始めて観ました。だから、みんな同じ顔に見えたり… 名前もヘイとボンはないだろ~などと思ってしまいました。 同じアジア映画ということで、生活様式や物の考えの捉え方の違いにも興味が湧きましたね。 妻のスクツァンの料理シーンが殆どでてこない、しかも食事はデリバリーが多い様子に羨ましくおもったり~(オイオイ映画観てるの?)短過ぎる名前に混乱しながら、名前を覚えるのは諦めたところで、何とか映画に没頭できました。うっかり、すると見落としてしまいそうなワンシーンが重要だったりするので、良く観ていないといけない映画かもしれませんね…

さて、主人公の男達は心に、深い悲しみを抱えていた。もうボロボロです… 男同士の友情の絆を描きながら、二人の男が抱える傷に苦しむ姿を描いています。 なかなか見応えがありましたよ(*^^)v 冒頭のシーンで上司役のヘイ(トニー・レオン)が冷淡に殺人を犯すシーンが出てきます。監督は先に犯人を教える事で、犯人探しのサスペンスではなく なぜ彼が、そうしなければいけなかったのか? しかも妻の父親を何故、殺したのか?殺人シーンを残虐かつ冷淡に描く事で ヘイの心に潜む深い悲しみの謎へと観客の興味をもたせます。

 かっての部下ボン(金城 武)は3年前のクリスマスに恋人との別れ話に悩んでいた。捜査を終え朝帰ってみると彼女は自殺していた。やり直そうと心に誓ったばかりだったのに…別れの予感に彼女は悲観して自殺したのだと思いこんだボンは、悲しみの中に彷徨っていた。酒びたりの探偵に身を落とし、ヘイに世話になりながらも立ち直れないボン… 金持ちの令嬢スクツァン(シュー・ジンレイ)と結婚をし、幸せな生活をスタートした元上司の敏腕刑事ヘイとの生活振りの対比で悲しみの底から出られないでいるボンの姿を浮き彫りにし、自殺する前に彼女が誰かを待っていたという バーで知り合った、ビールのキャンペンガール(スー・チー)に心を許さない姿を見せる事で、ボンの愛する人を失った悲しみの心の深さを描いています。 

二人は傷を癒す答えを見付ける事が出来るのだろうか… 

家族を惨殺された少年が名前を変えて刑事となり、やがて終える復讐劇…そこへ男の友情をを絡ませ一方には破局を、もう一方には新しい出発を用意するという、よくあるストーリを飽きさせないのは俳優人の演技力でしょう。W主演とも言える金城武とトニー・レオン 男の魅力をたっぷりと魅せられ、うっとりしてしまいました。 久し振りに金城武を観たけれど、良い俳優になったと思ったのは私が香港映画を知らなさ過ぎるんでしょうね(^^ゞ 話は余談ですが、酔っぱらいの演技を自然に見せる為 金城武は実際に終始、酒を飲みながら演技をしたそうです。始めて悪役に挑むトニー・レオンは撲殺シーンは手元が狂うと危険なので、変りに監督の手がアップで出演しているのだとエピソードを語ってくれています。

愛する者を失う悲しみと復讐の愚かさに気付いたヘイは辛うじて助かったスクツァンを献身的に看病をする。その姿に心打たれたボンは、もう一度、人を愛する事を始める。恋人の協力を得て 自殺した彼女は、あの日新しい恋人を待っていたのだと、しかし交通事故に遭い訪れない恋人を思って自殺したのだと真相を突き止め、やっと悲しい恋の結末にピリオドを打ちます。この辺りを、もう少し描いて欲しかったな…時間足らずで多少端折りすぎかなぁ~ ヘイへ説明の会話だけで自分の立ち直りのエピソードを片付けてしまうあたりは、トニー・レオンの方が香港ではスターなのかしら?と思われる。 

ヘイの家に荷物を取りにきたボンは、スクツァンが大事にしていた宝箱の中からヘイの本当の身元を明かすラケットを見付ける 全ての謎が一つに繋がる瞬間。そうなのだ、スクツァンは全て知っていたのだ、父を殺したのが夫のヘイだと…父は犯した罪の復讐を愛する夫から受けたのだと… しかしスクツァンはヘイを愛していた、当然自分を愛してくれているであろうヘイを信じていたのだ。爆発寸前に、もうろうとした意識の中で見た夫の姿に絶望したに違いない。献身的な介護の甲斐あって、折角目覚めたのに、スクツァンには裏切られた悲しみしか残っていなかった。男の友情に悩みながらも事実を探しあたボンが病院を訪れた時は時すでに遅く…大切な愛を失ってしまったヘイの悲しみの姿。 やがて迎える悲しい二人の結末 憎しみの中には何も生まれないということか… 如何にもアジア的な、やりきれない悲しい結末に、始まりを告げるボンと終始明るい恋人の可愛いい会話が流れるラスト。二人の姿に最後は心が救われる思いがする。 


nice!(13)  コメント(21)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 13

コメント 21

響(きょう)

みんなの奇跡について更新しました。(^^)
今日は挨拶だけでごめんなさい。
これからも、みんなで幸せになれる企画をうっていくから。(^^)
by 響(きょう) (2007-07-28 15:29) 

ぴーすけ君

金城武、ずいぶん感じが変わりましたよね。
この映画への意気込み、イメチェンを計ってるんだな~って
って思いました。
by ぴーすけ君 (2007-07-28 20:22) 

sorairokingyo

ぴーすけさん そうなんです、甘い役柄のイメージしか印象になかったんですが、役のイメージを上手く演じていました。なかなか素敵でしたよ~
by sorairokingyo (2007-07-28 21:43) 

あじゃあじゃ

金城武は、日本の作品に出ている時は、どうしてもお客様という雰囲気があるけど、香港作品のほうがシックリくると思いますー
by あじゃあじゃ (2007-07-28 23:02) 

sorairokingyo

あじゃあじゃさん 金城武は、深田恭子と共演したエイズに感染した少女のドラマに出て以来たまに見かける程度でしたが、なかなかどうして、国際派の俳優なんですね~
by sorairokingyo (2007-07-28 23:24) 

ゆきぽん

金城命の私は長い間、写真に釘付けでした!
暑さも忘れ、いい気持ちで選挙投票にいけます^^
しかし・・・いい男だ。
by ゆきぽん (2007-07-29 10:54) 

sorairokingyo

ゆきぽんさん あらまあ(^^♪ ファンとは、おみそれしました。
とても、素敵でしたよ~♪ 私も選挙行きましたよ~♪ 
by sorairokingyo (2007-07-29 15:13) 

響(きょう)

深い悲しみで感動させる物語を創るというのは、
とてもハードルが高いことのように思います。

でも、悲しみに共感したい気持ちが人にあるのも事実。

創造的な作品に期待したいですね。

今日は、具を選ばないカレーついて書きました。(^^)
by 響(きょう) (2007-07-29 16:29) 

sorairokingyo

響さん ほんとですね~良くあるストーリーなんだけど、見入ってしまいましたよ(*^^)v たまには悲しい映画もいいですよ
by sorairokingyo (2007-07-29 17:03) 

居酒屋のおばちゃん

いいなぁ~、映画見に行きたい!時間がない!孫が出来たら、「ポケモン」とか「ドラえもん」なんだろうな。シルバーになったら¥1000で毎日見たい。
by 居酒屋のおばちゃん (2007-07-29 22:19) 

ご訪問、ありがとうございます。
映画、ゆっくり、見てみたいです。^^
by (2007-07-29 22:48) 

sorairokingyo

お好み焼き屋のおばちゃんさん 只今、主婦業ライフを楽しんでますから、しっかり、サービスデーを利用してますよ~ でも、田舎なので観たい映画は街まで出ていきます~ 電車賃が痛いですけど(笑) 
by sorairokingyo (2007-07-29 22:56) 

sorairokingyo

こうちゃんさん こちらこそ、ご訪問頂きありがとうございます。 
映画も、たまには楽しいですよ(*^^)v
by sorairokingyo (2007-07-29 23:00) 

syaron

金城武、カッコイイ~~♪
これ、映画ですか?もうやってるんですか?
(なんも知らない私wオーシャンズが気になってました)
映画デート決定かも♪
by syaron (2007-07-30 03:34) 

sorairokingyo

syaronさん はい、カッコ良かったです。冒頭のシーンも香港の夜景や犯人逮捕のシーンは見逃せないです~ でも、映画デートなら2人で楽しめるオーシャンズ13ですよ~断然♪
by sorairokingyo (2007-07-30 11:07) 

マクノスケ

香港映画、私もあまり見ないんですけど、おととし、ドニー・イェンに
ハマりまして、それ以来、ドニーさんの映画だけは追いかけています。
この映画、見てないんですが、ハリウッドでリメイクされると言うので、
楽しみにしています。
by マクノスケ (2007-07-30 13:15) 

響(きょう)

悲しいと言えば、昔の中島みゆきを聴くと、
なぜか心が軽くなる私です。

今日は、リヴリーの企画をつくりました。(^^)
by 響(きょう) (2007-07-30 13:22) 

山倉ふう

この映画、試写会に行こうと思っていたのに行けなかったのです。
でも見終えた後に暗い雰囲気になりそうですね。
爽快感とは無縁な…。
by 山倉ふう (2007-07-31 00:10) 

sorairokingyo

マクノスケさん 私も香港映画は始めて観ました。ほんの一瞬のワンシーンが重要だったりするので、戸惑いましたね、観終わって頭の中で整理しました。 デカプリオが主演らしいです、リメイクは、もう少し理解しやすい映像になるんでしょうね~
by sorairokingyo (2007-07-31 20:08) 

sorairokingyo

響さん 中島みゆきは私もすきですね~(*^。^*)
by sorairokingyo (2007-07-31 20:11) 

sorairokingyo

ふうさん そうですね~ なんせ題名からして「傷だらけの男たち」ですからね~爽快感は無縁です~(^o^)丿 
by sorairokingyo (2007-07-31 20:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。